ロングステイ行7





住処近辺の地図


 住みはじめて2月が経ちます。周りの環境にも慣れて来ました。地図をたよりにあちこち歩きたいと思ったのですが、その地図が売っていません。そこで暑い中、歩き回って地図を作りました。正確には出来ないので実際は概略図です。本当は微妙に曲がりくねっているところも直線にしてしまいました。


地図をクリックして下さい。別画面に鮮明な地図が出ます。



−地図の説明−


 ホリデイビラ・スバンは、数棟で構成されています。右側のアパート部は、コンドミニアムで、庭が共通になっています。各部屋は販売済みで個人の所有です。多くは投資または賃貸用で、不動産屋の仲介により賃貸が可能です。3寝室、大リビング、2バスルームで一ヶ月R2,700(約81,000円)ぐらいからだそうです。

 ホテルの西側に小さな湖が3つあります。現地の名前は分かりませんが勝手に名前を付けました。ホリデイビラに面している湖は、ヴィラ湖、挟まれて有る池は釣り池、一番大きな美しい湖は美湖と名付けました。このホテルに泊まると毎日ヴィラ湖を眺めて暮らす事になります。ホテルの向かい側にクロコダイルファームというレストランが有ります。夜、ホテルから眺めると、レストランの灯がヴィラ湖に移ってロマンチックな雰囲気を醸し出します。ここのスティームボードは大変美味しいのだそうです。(まだ試していません。)スティームボードは日本の鍋料理にあたります。
 釣り池は毎日釣り人が糸を垂れています。獲物は、小魚から、60cm級の大きいものまでいるようです。掛かったのを見ると飛んでいって見せてもらいます。
 美湖の周りは約1Km弱有ります。(何回も歩数ではかりました。不正確かもしれません。アバウトです。)車の進入は禁止で安心してジョギングやウオーキングが楽しめます。美湖の周りの景色はこの辺では一番だと思います。美しい花が咲き、いろいろな鳥がいます。カワセミが獲物を狙っているところもみかけます。襟巻きトカゲの親戚のような愛嬌のあるトカゲも時折見かけました。

 高速道路の北側はスバンゴルフ・カントリークラブです。私はゴルフをやりませんが好きな人はたまらない場所でしょう。
 コミュータースバンジャヤ駅は美湖の脇を抜けて行くと20分掛かります。汗をかくのが嫌な人や、急いでいる時は、ホテルの前からタクシーで5分R5(150円)です。クアラルンプルまでは約22分、R1.6(48円)、20分に1本ぐらいです。
 Carrefourショッピンッグセンターは、日本ではカルフールと呼ぶらしいのですが、こちらではカフォーと呼んでいます。回転すし屋もあり、鮮魚売り場では、にぎり寿司や刺身の舟盛りまで売っています。郵便局、銀行ATMも有ります。ショッピングセンターが道路を挟んで2件向かい合っているので、たいていのものはここで調達出来ます。

 ホリデイビラスバンの隣はシャラトンホテルです。シェラトンの向かい側にお店が幾つか有ります。私達に一番身近なのが、セブンイレブンです。水、ジュース、小菓子、たばこなど販売しています。24時間営業でとても便利です。印度飯は思ったより美味しく、地元の飯やの中では、唯一牛肉が有ります。牛カレーは特筆ものです。印度では牛を食べないと聞いていたので意外でした。
 この商店街の少し先にスバンジャヤメディカルセンター(SJMC)が有ります。この病院は日本語が可能で日本語の分かる看護婦も居るそうです。
 地図のオレンジ色の部分は日本食店です。狭い地域に数件有ります。ラーメン、寿司、天ぷら、すき焼き、豚のショウガ焼き(他の現地レストランでは食べられない。)、などが食べられます。料金は現地食の3倍以上からです。
 水色の部分は各国現地飯屋(マレー、印度、中国)で美味しく安く食べられます。地元の飯屋は思いっきり食べても一人R5(150円)です。地図の左下あたりの水色の部分、バクテーは、ここからコミューターで30分ほど海よりの(クアラルンプルと反対方向)クランの、郷土料理です。まだ試していないのでなんとも言えませんが、ホテル在住の日本の人たちの話では、けっこう”はまる”のだそうです。

 地図を作るためにあちこち歩き回りましたが、どこもスケールが大きく、アメリカを連想させます。道路の幅がたっぷりあり住宅地は背の高い建物が無く、広々しています。マレーシアは、日本の面積の90%の広さだそうですが、人口は2000万人と1/5ですから、人口密度も日本の約1/5になります。そのせいかもしれません。ただ、住宅は、ほとんどが長屋づくりか、高層のコンドミニアムで、個人の単独住宅はほとんど見かけません。

 まだ、再確認が必要なところも有りますが、取りあえず掲載致します。

ホームへ


−カウント開始2004年3月24日−