軽口雑話15

pix

目次
第43話 KLズッコケ修理屋2
第44話 洗濯
第45話 朝顔が咲いた





第43話 KLズッコケ修理屋(2)

 「吉川さん!うちの機械止まっちゃって生産できないんです。すぐ来て直してください。」
 クランの奥のほう、海に近いところにその工場があります。車で30分ですが、渋滞すると1時間掛かります。飛ばしましたがやはり渋滞に引っかかりました。
 工場に着く早々見せていただきました。
 「うちの機械屋に見せたのですがお手上げです。よろしくお願いします。」  動かなくなった機械は、高速プレスで、オートにしてスタートをかけるといつまででも、生産し続けます。
 「どういうふうにして動かなくなったのですか。」
 「はい、突然止まってしまって動かなくなりました。」やっぱり
 「図面を見せてください。」
 「図面はこれしかないんです。」ぼろぼろになった図面をみせてくれました。ぼろぼろのわりに3種類ほど載っています。
 「どの図面がこの機械なのですか。」
 「分かりませんこれじゃないかもしれませんが...。」参ったな!
 「それじゃ配線を追っかけてみます。」
 機械はかなり古いものでリレーシーケンスで動かしています。PLCなんかですとRS232CでPCと繋げてシュミレーションでみるとすぐに悪いところは判別出来ます。この場合は、線をひとつひとつ引っ張り出し追っかけなくちゃなりません。
 まず手順として機械の周りを回って何がどう繋がっているか確かめました。  リモコン(リモートコントロール)の線が出ているところを見つけました。比較的新しいコネクターが付いているので近年のもののようです。とりあえずこれをチェックしました。コネクター部は油でべとべとです。接点部分を掃除して、試してみました。動き出してしまいました。
 オペレーターを呼んで確かめてもらうOKでした。結局15分で解決してしまいました。
 担当者に事情を話し、電気の接点部分に油をたらさないよう、お願いして帰りました。
 2日後、また電話がかかり昨日1日動いたのですが、またぴったり止まってしまって動かなくなりました。
 「どういうふうにして動かなくなったのですか。」
 「はい、突然止まってしまって動かなくなりました。」前回と同じ反応です。、
 今回は分からない図面を参考に、線をひとつずつおっかけました。
 プリセットカウンターのところで回路がオープンになっています。プリセットカウンターの液晶画面は何も表示がありません。まるで電気が入っていないようです。ためしにプリセットカウンターのリセットスイッチを押してみました。動き出しました。
 昔の液晶は、20年もたつと全く消えてしまうのだと落胆するやら、おかしいやらでした。

トップへ




第44話 洗濯

 マレーシアのコンドミニアムは、ほとんどが家具付きですから、洗濯機も付いています。
 暑いので、洗濯は欠かせません。毎日しているとだんだん黄ばんで来ます。
 目で見てもよく分かりませんが、水が濁っているのです。
 洗剤を沢山入れても白いシャツが真っ白になりません。
 何とかならないかと考えた末、飲み水用に使っているフィルターを買ってきて写真の様に取り付けてみました。
 壁に穴を開けて固定したいところですが、部屋を出る時の悶着を考え、ひもで吊しました。
 結果は上々で、白い物も色物も黄ばむことはなくなりました。
pix

 上の写真は、新しいフィルターを入れ替えた時のものです。
 下の写真は約一ヶ月ほど使ったもの、一目瞭然ですね。これだけ見ても、フィルターの効果は十分あったと思います。
 ホース類は口がいろいろなので、ハードウェアー屋を渡り歩いて合う物を探しました。完成までに結構日にちを食ってしまいました。
pix

 洗濯屋へ出してもだんだん黄ばんで来ますので、家で洗って洗濯屋に持っていってプレスだけ頼みます。1枚1リンギット(約26円)でアイロンを当て、ハンガーに吊して、覆いまでかけてくれます。

トップへ




第45話 朝顔が咲いた

 スンガイブローの花屋さんに花を買いにいきました。
 欄の花が目当てで行ったのですが、朝顔の鉢が8個ほど並んでいました。
 10日ほど楽しめれば、元を取れると思い1鉢15リンギット(390円)で買いました。カーテンレールにフックを買ってきて引っかけそれに吊しました。
pix

 多分キャメロンハイランドあたりの物だと思いますが、青色だけしかありませんでした。それでもすごく郷愁を誘います。
 朝開くと夕方までしおれませんでした。
 朝起きてまず花を見るのが楽しみで、毎朝5花ぐらい1月ほど咲き続けました。
pix

 さすがに2ヶ月目に入ると咲かなくなりました。でも十分楽しめました。

トップへ



counter
−カウント開始2009年3月22日−