軽口雑話12

pix

目次
第34話 蚊の逃げ足
第35話 マレー語覚えた方が良いスッよ!!
第36話 インド人のタクシードライバー



第34話 蚊の逃げ足

 シンガポールやこのマレーシアでは毎年デング熱の脅威にさらされています。今もデング熱は要注意です。私の日本人の友人の中にもやられた人がいます。一週間も起きあがれなかったそうです。
 デング熱は蚊が媒体で人間に発症します。デング熱を媒介する蚊は昼間刺す蚊だそうです。夜の蚊は大丈夫なのだそうです。ですから昼間は蚊に刺されないよう注意が必要です。
 随分前、季節は7月から8月に掛けてロシアのハバロフスクに2月ほど滞在した事が有りました。
 人口50万の中型の都市です。ハバロフスクの周りは、近接した都市がないので小さな都市に感じてしまいます。日本の様に人口20万人ほどの都市でも4方に30万人や40万人の都市がくっついていますと、人口が多く感じられます。
 ハバロフスク市のはずれにウスリー川が流れていています。(今、中国側の工場爆発が起き汚染されています。)この川幅はとても広く対岸はかすんで見えません。
 ハバロフスクの夏はこのウスリー川から蚊が大量発生します。川の堤防にそって幾つか大きな公園が有ります。公園を散歩していると腕や脚の露出している部分に蚊が集まって来ます。腕が黒く見えるほど一斉にたかります。頭に来て”ばしん”とやりますが一匹か2匹しか取れません。たかる度に”ばしん!ばしん!”とやっていました。
 現地のロシア人達はどうかというと音を発せず何十匹といっぺんにつぶします。たかっている処を上から軽くなぜるだけで蚊がつぶれてしまいます。公園を歩いていて”ばしん!ばしん!”とやっているのは私だけで、周りのロシア人は変な顔をして見ています。
 実はここの蚊は動きが鈍いので何も突然パシンとやる必要が無いのです。腕の付け根から軽くなぜるだけで殆どの蚊を効率よく殺すことが出来ます。
 日本の蚊はご存じのように静かに近寄ってパシンとやれば飛んでいてもたいてい獲れます。しかしハバロフスクのように腕をなぜただけでは蚊は逃げてしまいます。やってみましたが、手を腕の付け根まで持っていく間に蚊は逃げてしまいます。
 マレーシアの蚊は、人々がゆっくり目なのに反し、ものすごく素早い動きをします。手で”ばしん”とやってもなかなか捕まえられません。捕まえられるのは血をたっぷり吸って動きが鈍くなった時だけです。このときは”ばしん”とやるとべっとり血が付いて悔しい思いをします。そして単に仇を取っただけなのです。
 眠いときにぶーんとくるとたまりません。電気を点けて蚊を追い回しても殆ど無駄な努力です。初めはベープマットがこちらでも売っているので、使って見ましたが、余り効き目がありません。一時的には落ちるのですが、殆ど生き返ってしまいます。ついに虫殺しスプレーを買ってきて、これで撃退しています。スプレー缶は大きく高さ35cmも有ります。これが必需品になってしまいました。ただし蚊に噴霧薬剤が直撃しないと効き目がありません。また蚊が落ちたあとつぶしておかないと、生き返って飛び始めることがあるので事後処理も必要です。雨の後は蚊が多くなりますので、家の中の移動に持って歩くようです。
 こうやって改めて検証してみると、蚊の逃げ足は北へ行くほど遅く、南へ行くほどすばしこくなります。私の思っていたイメージと逆でした。
 それにしてもマレーシアの蚊は逃げ足が早いです。


トップへ





第35話 マレー語覚えた方が良いッスよ!!

 レストランに入って食べ物を注文するときたとえばワンタンミースープ、トゥと言って2人分を指を二本立てて注文します。すると1つしか出てこないことがしばしば有りました。文句を言ってもう1つ頼むことになるのですがどうしてかわかりませんでした。かみさんが言うには”サトゥー(マレー語で1の意味)と間違えているのじゃない。”どうやらそんな気配です。あまり頻繁に起こるので最近は2だけは”ドゥア(マレー語の2)”と言うことにしています。それからは殆ど間違いなく2つ来るようになりました。
 マレーシアに来るとき英語が上手になりたいと切望していました。しかし来てみればご承知のとおりマングリッシュで英語とはかけはなれるばかりです。
 ”マレー語覚えた方が良いスッよ!!”外語大学を出た友くんが言いました。とりあえずマングリッシュとはいえ英語らしき言葉で通じることだし、マレー語は覚える気がありませんでした。彼の言い分によると、ここの英語をしゃべっていると本来の英語力は低下し、本場の英語圏に行った場合最低の言葉になってしまいます。わたしもここの英語に慣れると言うことはそう言うことになりだろうと危惧していました。少しばかりの英語力(まったくたいした事はありませんが...)をだめにしてしまうのではないかという不安をもっていました。彼はもっと強く感じたのでは無いでしょうか。そこでマレーシアの共通語であるマレー語でしゃべれば英語(マングリッシュ)をしゃべる事はなくなるので変なイントネーションや発音の癖がつかなくなります。
 この考え方には納得したのですが、改めて始めるとなると大変です。
 秋谷さんによると”僕は半年でマレー語覚えました。”と言うことです。”ウヘッー!、とてもそんな短期間では覚えられません。”
 まず数字から覚えようと始めました。ようやっと数字は言えるようになったのですがまるっきり聞こえてきませんし、とっさに出てきません。この調子では2年たってもマレー語の会話が出来そうにありません。”まっ諦めずに続けるかっ!”といった心境です。
 でも華人としゃべる場合は、4声なまりのマングリッシュと向きあうことになるのです。


トップへ





第36話 インド人のタクシードライバー

 KL、インビにあるロウヤットプラザまで行く用事がありました。スバンジャヤ駅までタクシーで行きKTM、モノレールと乗り継いでロウヤットプラザのコンピューター街までの予定です。
 ホリデイビラの前でタクシーが止まり、お客が降りるのを待ってスバンジャヤ駅までの交渉をしました。運転手はインド人でした。先日インド人のタクシーに乗って言い合いをしたばかりなのに、またインド人のタクシードライバーです。
 ”駅まで幾ら?”
 ”RM7だ!”
 ”高い!RM5なら乗るけど...”
 ちょっと渋った顔をしながら
 ”OK!!”
 で乗り込んだのは良いのですけど、乗って細かいお金を調べるとRM3しか有りません。あとはRM10札以上です。ぴったりのお金がないと必ずすったもんだが有ります。内心”まずいな!”と思いました。  スバンジャヤ駅へ着いてRM10を出すと、あんのじょう
 ”さっきはRM10って言ったよな!”
 と来ました。こちらもかちんと来て言い返しました。
 ”いや君はさっきRM3って言ったんだ。”
 と言いながらRM10札を引っ込めてRM3を渡そうとしました。インド人の運転手は、
 ”ああ思い出した。RM5って言ったんだ。ソーリ!ソーリ!”
 と言ってRM5のおつりを出しRM10を受け取りました。
 最近、仕事ではインド人と組むことがたびたびあり、電気などの仕事ではマレー人よりも熱心で優れているように思います。こちらの方は相性が良いのですが、どういう訳かインド人のタクシードライバーとの相性はいまだ良好とは言えません。


トップへ


ホームへ

pix
−カウント開始2005年12月4日−