軽口雑話9



目次
第25話 英語が分からない
第26話 習うより慣れろ!慣れたらこうなる!
第27話 ドリアンフリーク2



第25話 英語がわからない

 サラリーマンの頃はモスクワに駐在していました。一時帰国になると休暇をもらって大好きな旅をしました。モスクワから出てコペンハーゲンかストックホルムへ入ります。そこから先は鉄道で、ヨーロッパ中を旅しました。帰りは殆ど南周りでバンコックやプノンペン、香港にも旅しました。プノンペンは、取引先があるため、商用で寄りました。まだカンボジア戦争前でシアヌーク殿下が若い国王のころでした。彼の主演した恋愛映画を見せられ”オエッ”となった記憶が有ります。
 35才のころ社長とぶつかって独立しました。初めの頃はお金が儲からず、四苦八苦しながら長いこと仕事中毒の状態でした。7−8年頑張った頃ようやっと稼いだ金で旅費を捻出し、ユーレイルパスを買ってコペンハーゲンからヨーロッパ入りし、一人旅が実現しました。飛行機はアエロフロートでした。モスクワまでは日本人で一杯でしたがモスクワを過ぎると一挙に減って、私を入れて3人になってしまいました。コペンハーゲンで一泊して鉄道に乗り、ハンブルグ、パリ、カレーからフェリーでドーバー迄渡り、再び鉄道でロンドンまで行き、飛行機でモスクワを目指す。そんな予定を立て、取りあえずハンブルグまで行く計画でした。
 コペンハーゲン駅でユーレイルパスをどう使うか駅員に聞いたのですが、相手が何か言ったのに相手の言う英語が聞こえて来ません。”ふふん”と言って分かった振りをしたのが間違いのもとでした。。昔はずっと一人旅をして平気で歩いていたのに今回は困惑してどうして良いか見当も付きません。12月24日ごろだったと思います。昼間でも薄暗いコペンハーゲンの街、みぞれが降ってシャーベットのような雪道をジャリジャリという音をさせながら途方に暮れて歩きました。何しろヨーロッパを出るには、ロンドンまで行き着かなければ飛行機に乗れません。2時間もあてど無く考えながら歩きました。考えに考えたあげく、”見栄を捨てて、どんなに恥ずかしくても自分が分かるまで繰り返し聞き返そう。”格好良く”ふふん”と言うには自分の英語が貧弱であると自覚しました。そう決心してからは、事がスムースに運ぶようになりました。
 この問題は今でも続いていて、時々分からないのに”ふふん”とか云って先を続けるととんでもない事になることが多々あります。分からなかったら何度でも粘って聞く。特にマレー人との会話は、相手がちゃんと聞いている風でも、こちらと同じように”ふふん”という分かった顔をしますから、まるで鏡を見ているようです。意志が通じていないことが多いので、とにかく意志を通じさせる事を優先させています。自分の英語が悪いことも計算に入れれば、粘って当たり前と云うことになります。


トップへ



第26話 習うより慣れろ!慣れたらこうなる!

 最近変わった単語に幾つか出会いました。”オッケッケ!”、”ヤックー”、”カー”、”ノーハー””ジャイアン”
 オッケッケ!はOK!OK!を早く云ってみて下さい。だんだんオッケッケになります。
 ヤックーまたはヤクは、なんとヤクルトです。最後の方のルトは飲み込んでしまってヤクになるのでしょう。ヤクルトは昨年あたりからマレーシアに出回りました。先発のビタゲンを凌駕しそうな勢いで伸びています。ビタゲンはかなり焦っているらしく日馬プレスにも時折大きな広告を打っています。
 大家さんと家の契約の話をしているときアストロ(有料衛星テレビ)の話になりました。大家さんはカーは入っているかなどと何度も聞いて来ます。アストロの話をしているときに何で車が出て来るのか分からずしつこく聞き返しました。カードの事でした。アストロの受信機にカードが入っているかと云う質問でした。やっぱりdは飲み込んでしまうのです。
 オッケーはラーが合いの手ですが、ノーはハーです。ラーもハーも使いたくないなあと思っていましたが、かみさんによると私はしょっちゅう使っいると言います。この社会に慣れてくると無意識に使ってしまう物なのですね!”いやおまえだけだ!”と云われそうです。そうかも知れません!
 ジャイアンはドラえもんに出てくるジャイアンを連想しますが、こちらではスーパーマーケットのジャイアントの事です。最後のtは発音しないのです。
 かみさんは3月の中旬から4月1日まで日本に里帰りしました。お友達にマレーシアぼけをしたとさんざん言われたそうです。マレーシアへ来て初めのころは何か不都合が有るといちいち腹をたててカリカリしていましたが、最近はゆったり構えて余り怒りを表に出さなくなりました。何かあっても何時かは何とかなるさと鷹揚に構えるようになったからです。(これがマレーシア流らしいです。)コミュータは1時間に4本来ますが時間通りに来たことはめったにありません。でも30分間があくことはないのでやっぱりいつかは来るさが身に付いてしまっているのです。それをそのまま日本に持って帰るとマレーシアぼけと云うことになるのです。


トップへ



第27話 ドリアンフリーク2

 ドリアンは6−7月と12−1月がシーズンなのですが、好きになってからというもの街へ出ると何時もドリアンの屋台を目と鼻で探しています。シーズン外の時期にも屋台は見かけますし、カルフールなどのスーパーでも売っています。情報によればシーズン外の物はタイなどからの輸入品だそうですが、これしか無いときは充分満足出来ます。カルフールでは3パックRM20とRM10が有ります。RM20の方はD24という品種で、甘くて果肉が多いのでもっぱらこちらを買ってきます。ただし冷蔵庫に入れるとしばらくの間ものすごい匂いに悩まされる結果になります。フリーザーに入れてみたところ、これが結構行けます。最高のシャーベットができあがりました。おまけに余り匂いに悩ませられる事が無くなりました。最近は屋台で食べても残った果肉は持ち帰り、フリーザーに入れて再度楽しみます。
 東京にいる内海さんから”カズミのオーガニックファームな裏庭”というインターネットサイトを紹介されました。東京ではテレビで紹介されたそうです。マレーシアで中国人と結婚した日本人女性がサイトを管理しています。ご主人と家族の犬や猫とでKLの近郊でオーガニックファームを運営されています。サイトは農場での面白い話をいっぱい詰め込んであって読み応えが有ります。ユニークな行き方が共感を呼びます。中に”ドリアン食い倒れ”というページがありドリアンにかんする面白い話や為になる話がでてきます。
 幻の紅蝦という品種が最高だと書いて有りました。これを読んで以来いつもそのことが頭にあり、屋台へ行くと紅蝦はあるかと聞いていました。
 先日中国人のチャンさんその恋人のジャネットとかみさん合計4人でタイパンへ食事に行きました。道すがらトラックにドリアンを乗せ売っているのを見つけました。ちょうど帰り支度をしているところでした。トラックの運転席の背中に当たるところに”紅蝦””猫山王”とか書いて有ります。”ついに見つけた!!”トラックを止めて4人で赤蝦を試食して見ました。”旨い!!!”品のある甘さですが、ものすごく甘い。果肉はちょっと赤みがかっていて蝦の背中を思わせる感じが紅蝦の由来かもしれません。全員大満足。あっという間に2個を平らげてしまいました。かみさんはこれにもうちょっと苦みが入ればもっと良いのになどと贅沢を言っています。”それ有りますよ!!”それが”猫山王”だそうです。早速それも試食。色はあまり赤みが無くどちらかというと黄色がかった果肉ですが、苦みも甘みも見事にミックスされた美味しいドリアン。幸せな気分になりました。かみさんはこれが一番だと云います。私はどっちも甲乙付けがたく思いました。ジャネットは紅蝦、チャンさんは猫山王に分かれました。最後に紅蝦と猫山王を一個ずつ買って帰りました。赤蝦は1kgRM8、猫山王はRM12と猫山王の方が高いのですが、食べた感じからするとうなずけます。家に帰って再度挑戦、やっぱり美味しい!夜のバクテーを意識してか、ちょっとずつ残りました。これをタッパーに入れフリーザーへ入れました。翌日フリーザーから出して食べました。前日の様に新鮮さは有りませんが、また違った至福の味を楽しみました。”カズミのオーガニックファームな裏庭”には紅蝦はD69だと書いて有ります。D69なら何処かで食べた記憶が有ります。まだ味が良く分からないころだったと思います。猫山王はD101というらしいです。


トップへ


ホームへ

−カウント開始2005年5月23日−