軽口雑話8



目次
第22話 あんた何歳!!
第23話 ヘイズ
第24話 タクシー



第22話 あんた何歳!!

 毎度お馴染みのビザ切れ、かみさんは2週間ほど日本へ帰り、私はシンガポール行きの一人旅でした。11時半発のジョホールバル行きのバスに乗れました。
 ジョホールバルのバスステーションで乗り換え、シンガポール行きのバスに乗りました。バスはまず出国イミグレーションへ行きます。

 ジョホールバルの混んだ出国手続きの列に並んで”何でこんなにもたもたしているのだろう!”等と思っているうちに自分の番が来ました。いつもはさっと通れるのに...。私の顔とパスポートを何回も見比べています。そのうち”ちょっとここで待て!”と言われて、担当の役人は何処かへ出かけて行きました。他の人が長く待たせるのをいつもはいらいらと待っていたのに今回は私のために長い列を待たせています。”ちょっとばつが悪いけどしょうがない!”...。
 しばらくするうちに、私より年上に見える小柄ででっぷり太った”おえらいさん”らしき人を連れて戻って来ました。”私の上司だ。”と言って紹介しました。
 彼に別室に連れて行かれました。部屋に入ると、彼は自己紹介して名前を名乗りましたが、覚えられませんでした。
 彼はパスポートを見ながら、
”名前は?”
”よしかわまさおです。”
”で、あんた何歳?”
”62才です。”
”何しにマレーシアに来たの”
”はい、リタイアメントをしたのでマレーシアに来ました。”
”どうしてこんなに長く居るの?”
”マレーシアは、ちっと暑いですが国土は美しいし、マレー人はとても親切でくらしやすいですから、私はマレーシアを愛しています。”
”そんなにマレーシアが気に入ったかね。ところであんた何歳?”
”62才です。”
”あんた若いね。良いからだしてるよ!私はこんなにお腹が出てしまったが、あんた何かスポーツやってる?”
”はい水泳をやってます。”
”毎日かね。”
”はい、毎日1500mは泳いでいます。”
”そう、私はスポーツ嫌いだから...、ところであんた何歳?”
”62才です。”
”マレーシアは何処に住んで入るのかね。”
”KLのスバンジャヤ、ホリデイビラに住んでいます。”
”どのくらい?”
”はい、一年ちょっとです。”
”ホテル住まいなんか止めて何処かコンドミニアムに住みなさい。その方が落ち着くよ!”
”.....!”
”私は、今54才だがあんたの方が若く見える!”
”.....”
”ところで、あんた何歳”
”62才です。あと3か月で63ですが。”
”君は、ジョホールで出国し、飛行機でKLに戻るんだね?”
”はい”
”それは、賢い!”
”.....?”
彼は出国のスタンプを押しました。そして私の肩を叩きながら、
”グッデイ!”
”サンキュー・サー”
 ようやっと出国出来ました。
 日本人のパスポートは300万円で売れるそうです。若い職員は偽造パスポートを使っているのではないかと疑ったようです。日本人の62才はまだ若いのです。マレー人の常識と一緒にしないでほしいものです。  ”ったく!”


トップへ



第23話 ヘイズ

 最近、空が曇っていることが多くなりました。原因はヘイズと呼ばれる何処かの山火事の煙です。水蒸気が靄っているのではなく煙です。
 モスクワ駐在の3年目くらいだったと思います。モスクワの夏は6月から始まります。日が長くなり夏至の頃には、太陽は夜中の12時を中心に3時間ほど引っ込み、直ぐに明るくなります。普通は毎日夕立があって、温度が下がり、暑くても27度くらいでした。
 その年は暑い夏でした。雨が降らないと温度が下がらなくなります。毎日40度をこす暑さが続きました。普段の年は温度が低いので何処にも冷房の設備が無く、毎日砂漠の暑さを体験していました。一カ月くらいたった頃、市内に靄が立ちこめ日に日にひどくなって行きました。初めは、森に霞がたちロマンチックな気分でいました。そのころは共産圏ですから報道管制が敷かれていて何が原因で靄が発つのか分かりませんでした。
 情報はアルメニア放送という口コミだけで、まことしやかなうわさ話があちこちで聞かれました。雨が降らないので水分が濃い霧になったとか、何処かの工場の水系統が壊れて霧になったとかいろいろ有りました。最後にかなり有力な情報として伝わって来たのは、毎日40度を超す暑さで、モスクワ郊外の泥炭に火が点き、くすぶった煙が市内に立ちこめているというものでした。どうやらこれが真相の様でした。
 それを聞いて逃げようのない息苦しさを感じたのを覚えています。それでもしばらくして大雨が降り煙は解消しました。
 その後ソ連から出国して知ったのですが、モスクワ近郊の泥炭の火事を止めるため、軍隊が出動して火の手前に溝を掘って食い止め作業をしたそうです。その時ダイヤモンド鉱脈に当たり、ソ連政府は大喜びしたしたそうです。
 マレーシアのニューストレイトタイムスによると、マレーシアも泥炭地帯があちこちにあります。それに暑さで火が点いて山火事になり、ヘイズが発生する様です。3月の初めの頃の新聞にはマレーシア半島のあちこち6ケ所で火が点いていると書いて有りました。
 ヘイズは、煙ですからモスクワで味わった煙と同じで逃げようがありません。先日マレーシアのF1グランプリを見に行きましたが、やはりヘイズがひどく芝生スタンドに陣取った我々からは、メインスタンドがかすんで見えました。
 1996年には、あまりのひどさに日本人の強制帰国命令がでたそうです。
 昨年まではヘイズはお隣のインドネシアから来るものだと思っていました。でもマレーシアで発生するものも有ることが分かりました。ただし、インドネシアのヘイズは人為的な発生源、マレーシアのヘイズは不可抗力、自然発生的な物であることの違いが有ります。
 いずれにしても健康には良くないので、注意が必要です。マレーシアには大きな欠点は有りませんが、有るとすれば、ヘイズもその一つかもしれません。


トップへ



第24話 タクシー

 香港に旅行したときの事です。空港からタクシーに乗りました。行き先はニッコーホテルです。”ニッコーホテル”と言うと、OKと言って走りだしました。運転手は中国本土から来たばかりだ。だから英語は分からないと、たどたどしい英語で言い、空港を出ると反対方向に走り出しました。こっちは違うと言うと中国語でなにかわめいてから、英語は分からない。と何度も繰り返します。私は頭に来て身を乗り出し、ゼスチャーで方向を示しました。しぶしぶ車をUターンさせました。それから行く道を全部指図しました。ニッコーホテルまで、来たところで、”ここがあんたの分からない、日航ホテルだ。英語は分からないのだろう!”と云ってやりました。運ちゃんは思わず笑い出してしまいました。本当は、知っていてごまかしていたのです。頭に来ているので降りるとき料金はきっちり払いました。チップを要求しましたが、”ごまかしたおまえが悪いんだ。チップ無し!”と言って降りました。運ちゃんは悔しがっていました。
 さすがにマレーシアでは英語をしゃべれないのにしゃべれる振りをする人はいますが、しゃべれるのにしゃべれない振りをする人はいません。タクシーは日本に比べものすごく安いです。そのせいかは分かりませんが、マレーシアでも例外はなく雲助がいます。インド人、中国人、マレー人などいろいろな人種が運転手をしています。マレー人と中国系は穏やかです。それでも時々不心得者がいます。雨などが降るとカルフールからホテルまで普通RM5のところ両手を広げてRM10などと言います。こちらが少し強く出て、”とんでもないRM5で行ってくれ!”と言うと、渋々といった顔をしますがちゃんと行ってくれます。ところがインド系の運転手だったりすると”そりゃ無いぜボス”などと言って絶対に引き下がりません。そう言うときはこちらからお断りします。


トップへ


ホームへ

−カウント開始2005年4月3日−