軽口雑話1


目次
第1話 シニア割引はパスポートを持参!!
第2話 ゲンティンハイランドはキャメロンより暑い!!
第3話 良い家向は北向き?


第1話 シニア割引はパスポートを持参!!

 KLの某ホテルにマレー系のレストランがあります。ここの食事はバイキング形式(マレーシアではビュッフェといいます。)が主で何を食べても満足できます。いろいろな祝日に”何とかフェアー”をやって、ちょっと値段を上げたり、特別割引を作っては売り上げ向上の工夫をしています。4月の目玉は、1日から30日までシニアー(55歳以上)は45%引きと言うものでした。さっそく欲に駆られて出かけました。食事を済ませて支払いの時に、我々はシニアーだと主張して勘定書を頼みました。なんと普通の値段で請求金額が入っています。早速文句を付けると”そんな年には見えない。証拠を見せろ。”といいます。ちょっとムッとしましたが、都合良く持ち合わせていたパスポートを見せました。相手もしぶしぶといった風でしたが、とりあえず45%引きの栄誉に預かる事ができました。その後も45%割引の魔力には勝てず、ちょくちょく食べに行きました。ただし食べる前にパスポートの提出をしました。45%引きのディスカウントを受けるためとはいえ何もパスポートまでと言うのが正直な気持ちです。
 そういえば、ここに暮らしてし気が付くのは周りに老人(シニア)の姿が見えないということです。パリやロンドンを歩くと老人だらけ、というと大げさですが、それが普通という感じがします。日本だって老人は大勢闊歩しています。なぜ老人が居ないのか。現地の人に聞くと、”カンポンに行けばいる。”と言います。カンポンとは村の事です。マレーシア各地を回っている日本人の駐在員にそのことを話すと、”しょっちゅうカンポンを通るけど、そういえばカンポンは老人がいっぱいいる。のんびり暮らしているよ。”との事でした。この国の年金制度がどうなって、何歳から老人になるのか分かりませんが、都会からは老人が一掃されている感じがします。そして田舎に行けばお金もかからずのんびり暮らせるようです。日本だって田舎に行けばのんびり暮らせるとは思います。しかし最低限かかる費用は、都会とあまり変わりません。かなり事情が違います。
 −ここの老人達はカンポンへ引っ込む、そこへ日本の老人達が来てロングステイを楽しむ。????−少々後ろめたい気がします。
 それはさておき、都会にシニアがいません。それを前提にこの割引を考えたのでは、等と勘ぐってしまいます。
 かみさんは私のこういう気を回した考え方は大嫌いで、”美味しいものを安く食べられたのだから良いじゃない。若く見られて光栄でしょ!”といいます。 .....そう思う事にしました。美味しいものを安く食べられて、若く見られて、その方がずっとハッピーです。はい


トップへ



第2話 ゲンティンハイランドはキャメロンより暑い!!

 KLからバスで1時間のところにゲンティンハイランドがあります。標高1800m、キャメロンハイランドのタナラタと同じくらいで気温も一年中18度とおっつかっつです。ゲンティンは雲の上という意味だそうです。キャメロン行きのバスはプドラヤバスステーション脇から1日4本で4時間半も掛るのにおんぼろ系バス。こちらはKLセントラルから1時間おきににデラックスバスが出ています。ゲンティンハイランドの頂上にゲンティンホテル、ハイランズホテル、リゾートホテル等いくつかのホテルがくっついて建っています。キャメロンハイランドと圧倒的な違いは、キャメロンが自然の中にある素朴で健全な環境なのに比して、ゲンティンの最大の目玉はカジノです。
 バスはまずゲンティンの中腹まで行きます。ここでゴンドラ・ケーブルカーに乗り換え3.4Kmの長丁場を揺られます。かなり乗りでがあります。スリリングな気分を味わいながら頂上は雲の中、ハイランズホテルに直接着きます。KLの酷暑から行くと、ホテルの外は寒く長袖が必要です。ホテル内は銀行、貴金属店、レストラン、みやげもの店やなどがひしめいています。最上階は、ホテルの共通フロアーになっていて、ものすごい広さの本格カジノです。カジノへはTシャツでは入れません。ガードマンに着替えを命じられます。襟のあるシャツなら何でもOKです。
 中はカジノの熱気とたばこの煙とが相まって、一種独特の雰囲気を醸し出しています。お金を直接入れて遊ぶスロットマシンを試して見ましたが、あっという間にRM30がなくなりました。ギャンブルは性に合いませんので、それでお終いにしました。スロットマシンはいわば子供の遊び、カードやルーレットが主役の様です。ちゃんと勝つ人もいて(当たり前ですが)大金を換金していました。勝った人たちはカジノの外の貴金属店や高級レストランの良いお客様になるのでしょう。
 ここはイスラム系のマレー人は入場出来ません。イスラム教でギャンブルを禁止されているからです。でもマレーシア人でなければ入れます。大勢のアラブ系のイスラム教徒が避暑としょうしてマレーシアに来るそうです。そして旅行者の内、落とすお金の額は彼らが一番多いそうです。ここにもほんの少し落とすのでしょう。また旅行者数の一番はシンガポール人、ついで台湾人、中国人と続く訳ですが、ゲンティンハイランドもちゃんと旅行の目的地の一つに加わっているそうです。自国では法律に縛られておとなしくしていても、どこかで発散する場所が必要なのだと思います。シンガポールからは298Km東京−名古屋間の距離です。とても手頃な距離です。
 ちなみにこのゲンティンハイランドの創始者は、華人です。先日マハティール首相が引退したのを受けて彼も息子に後継を譲りました。私達からみるとここの存在は不思議でなりません。矛盾だらけの存在ですが、ここがずいぶんと外貨を稼ぎ出しているのも否定できない事実でしょう。必要悪なのかもしれません。ひょっとするとここは周辺国のオアシスなのかもしれません。  ゲンティンハイランドはカジノだけでなく、きれいな公園や遊園地、ミニゴルフ場も付属しています。ですからマレー人はカジノに入れないものの公園やその他で遊ぶように出来ています。


トップへ



第3話 良い家向は北向き?

  日本の良い家向きは南向きと相場が決まっています。先日ニュージーランドにお住まいの方のホームページを拝見したところ、あちらでは太陽が北側にあり、良い家向きは北向きだそうです。町を歩くと太陽に向かって左側は西という既成概念に支配されて、しょっちゅう道に迷ってしまうのだそうです。南半球では太陽に向かって左側は東になる計算です。
 マレーシアでは日中の太陽がほぼ真上にあるので朝と夕方しか方向の区別は付きにくいです。そのせいか私も町に出てほっつき歩くと、いつも方向感覚を失ってしまいます。地図を作ったのは頭の中を整理するためでした。
 太陽は真上のほんの少し南側を通過するのですが、幸い私達の部屋は北向きで、部屋が暖まらず、夜、冷房を入れないで済む日が何日もあります。ひさしがないので窓の外縁にまで日が差し込み猛烈な暑さを意識させられますが、少しでも部屋に日が入るところは、ものすごい暑さになり冷房は点けっぱなしでないといられません。ここではやはり北向きが良い部屋といえそうです。次が南向きで屋根にすこしひさしが有れば太陽は真上と言うこともあってなんとか日の入るのは防げます。最悪は東西向きと言うことになります。東は日の出から正午前まで、西は正午過ぎから日の入りまで太陽の直射にみまわれます。簡単に言えば南北向きが良、東西向きが最悪と言うことになるのでしょうか。そういう格付けが確かかどうか現地の人に確かめたて見たわけではないので、これは全くの独断と偏見です。
 地球のどの緯度に住むかで常識まで違ってしまいます。北半球と南半休で逆さまなものに水の吸い込みがあります。北半球では時計回り、南半球では反時計回りになるそうです。ここではまだ時計回りです。赤道の上では水の巻き込みが起こらないのか等と想像してしまいます。時計回りと反時計回りは何処が境目で境目はどうなるのか、歌の文句のではありませんが”何でだろう?何でだろう?”境目を目撃した方は教えて下さい!!!!!


トップへ

ホームへ

−カウント開始2004年4月25日−